借金まみれで債務整理した結果どうなった?


法律相談所 評判

G.Eさん・38歳・男性

借入先債務整理前債務整理後
アイフル50万円50万円
アコム20万円20万円
武富士30万円30万円
プロミス50万円50万円
レイク20万円20万円
スタッフィ20万円20万円
アメリカンエキスプレスキャッシング枠10万円
ショッピング枠20万円
キャッシング枠10万円
ショッピング枠20万円
債務整理をしてよかったこと

私は2006年に特定調停という形で債務整理を行いました。当時私は消費者金融6社、クレジットカード会社1社から合計で220万円の借金をキャッシングによって行っていた状態で、自力でこれらの金融業者に対する毎月の返済はもはや不可能な状態に陥っていました。私は当時、消費者金融の毎月の返済を他社の消費者金融からお金を借りて行ういわゆる「自転車操業状態」で行っていました。

 

しかし、2006年の3月になるとどの消費者金融やクレジットカード会社からもお金を新規で借りる事が出来なくなってしまい、返済が滞りがちになり、毎日の様に消費者金融業者やクレジットカード会社から取り立ての督促電話や督促の手紙、封筒が届く様になってきました。

 

ノイローゼ気味になっていた私は2006年の4月に法律事務所に行き、特定調停という形で債務整理を行う事を決断し、実際に東京地裁に弁護士の先生に調停申し立て手続を行ってもらい、特定調停を行う事が出来たのです。特定調停を申し立てしてからは全ての消費者金融からの督促電話と督促の手紙や督促の封筒が届かなくなり、精神的に非常に解放され、利息も特定調停前は29.20%でしたが、特定調停後は18%に引き下げてもらう事が出来、特定調停後に5年かかって借金総額220万円を完済する事が出来ました。

債務整理をして困ったこと

私は特定調停を弁護士の先生に行ってもらったのですが、特定調停はそれまで嵐の様に毎日行われていた消費者金融からの督促電話が止み、督促の手紙や封筒も届かなくなるなどのメリットの方が多かったのですが、困った事は、せっかく弁護士の先生を通して特定調停を東京地裁で行ったにもかかわらず、借金の元金の減額を取り付ける事が出来なかった、という点があります。

 

それでも利息は29.2%から18.0%に減率されましたので、その点だけでも随分消費者金融への毎月の返済は楽になりました。後、もう一点債務整理を特定調停という形で行って困った事は、弁護士費用が30万円かかったという事です。この30万円は今は亡き私の父に立て替えてもらいましたが、220万円の借金に更に父親からの30万円の借金が重なったのは正直つらかったです。

借金返済のコツ

借金でノイローゼになった私が5年かかって完済した体験談
借金でノイローゼになった私が5年かかって完済した体験談
借金でノイローゼになった私が5年かかって完済した体験談



借金でノイローゼになった私が5年かかって完済した体験談
借金でノイローゼになった私が5年かかって完済した体験談


とりあえず、街角相談所-法律がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。